イチョウの効果と働き:健康増進から認知症予防まで

ギガマックスパワーの成分

このページでは、イチョウの起源や主な作用、安全性、副作用などについて詳しく解説していきます。イチョウのサプリメントをご検討中の方や健康に関心がある方にとって、この情報が役立つことを願っています。

イチョウとは

イチョウの木は、古代中国から歴史があり、王宮では老化防止のために実が利用されていました。現代では、イチョウ葉エキスはサプリメントとして利用され、不安症、アレルギー、認知症、眼疾患、末梢動脈疾患、耳鳴りなどに効果があるとされています。イチョウ葉エキスは、イチョウの緑葉にアセトンまたはエタノールを加え、フラボノイドやテルペノイドなどの成分を抽出したものです。特に、テルペノイドは体のめぐりをサポートする成分として注目されています。日本では、イチョウ葉エキスはアセトンを利用できないため、エタノールと水で処理されています。

イチョウに含まれている健康成分

イチョウ葉エキスには、主に「フラボノイド」と「ギンコライド」の2つの健康成分が含まれています。フラボノイドはポリフェノールの一種で、血管を強化し血行を促進する効果があります。イチョウ葉エキスには約30種類のフラボノイドが含まれており、特に血行促進効果が高い「二重フラボノイド」が6種類存在しています。これらは他のフラボノイドよりも3倍もの血行促進効果があるとされています。ギンコライドはイチョウ葉エキス特有の成分で、強力な抗酸化作用を持ち、脳細胞を活性酸素から守る働きがあります。さらに、ギンコライドは血小板の固まりを抑制し、血栓形成を防ぐ効果や、血管の炎症を抑える働きもあります。

イチョウの主な作用

イチョウ葉エキスは、血流改善や冷え性改善、脳梗塞や認知症の予防など、さまざまな効果が期待されるサプリメント成分です。血流改善作用は、血管拡張、血小板凝集抑制、活性酸素抑制の相乗効果により実現され、血行不良による症状や冷え性の改善に役立ちます。また、脳梗塞や認知症の予防効果も期待され、特にアルツハイマー型認知症に対する影響が注目されています。イチョウ葉エキスは古くからの健康補助として重宝され、その効果はさまざまな研究で裏付けられています。

イチョウの安全性と副作用

イチョウ葉抽出物(エキス)の経口摂取はほとんどの人にとって安全とされますが、副作用として頭痛、胃のむかつき、めまい、動悸、便秘、アレルギー性皮膚反応が報告されています。特に既知の出血リスクを持つ場合は摂取には注意が必要です。げっ歯類においては肝臓がんや甲状腺がんのリスクが高まる可能性が報告されていますが、人には直接当てはまるかは不明です。イチョウは抗凝固剤との相互作用がある可能性があり、妊娠中や授乳中の摂取は安全性が確立されていません。生または加工していないイチョウの種子や葉には毒性物質が含まれる可能性があるため注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました